Annie Sloan Lover Blog アニースローン大好きブログ

アニースローン チョークペイントの楽しさ、素晴らしさを共有しましょう!
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チョークペイントブラシ プロフェッショナルセット発売 | main | アニースローン ウォールペイントでギャラリー作り >>

ペイントの女王 アニースローンの知られざるロックン・ロール スピリット

0

    アニースローンはパンクロッカーだった!

     

    初めてアニースローンのチョークペイントを使用して感じたことは、ダイレクトに想いを表現できるペイントだなと感じたことを今も覚えています。面倒な下処理(サンディングやプライマー処理)が必要なく、素材を選ばず直ぐにペイントが始められることに驚かされました。そんなペイントを開発したアニースローンってどんな女性だろうと好奇心が芽生え、彼女の過去を調べました。そうしたら驚きの事実が発覚したのです! 

    関連記事:アニースローンチョークペイント の使い方

    アニーはロックンローラーだったのです!!! しかもバリバリのパンクロッカー(パンクロックが生まれる前の話ですよ!)

    現在、画期的で革命的な塗料、チョークペイント ®︎の発明でインテリアの分野やアップサイクルの分野の世界で最も尊敬されるエキスパートの一人となったアニースローンは、1970年代に、ロンドンの美術学校で学ぶ傍ら、気の合う仲間とのガールズバンドThe Moodiesのメンバーでした。彼女らは英国のサンデータイムズマガジンの表紙を作り、ファンの中にミックジャガーとデビッドボウイ(右)がいました。

    サンディータイムズ記事

    バンドはロックの伝説のピンク・フロイドに一緒にアメリカをツアー帯同するよう招待を受ける(実際は断ったそうです。)ほど当時とても人気があり、ロキシーミュージックとも共演していました。

    the moodies

    ガールズバンドがなかった時代に草分けとして時代の先端を走り、音楽を通して想いを表現していたアニー。美術大学で学んだ色彩や美術史を基に、どこにもなかった彼女の表現したかった塗料、チョークペイント ®︎を発明し、インテリアの世界に自分の表現したいスタイルを誰でも簡単に素早く実現できるようにしたのです。既存のものにペイントするだけでアップサイクルし、インテリアそのものを自分仕様に変えてしまう魔法のペイントです。アニー凄すぎます!! 想いをダイレクトに表現できる塗料、それはアニーのロックンロールスピリットを受け継いだ賜物なのですね。

    アニースローン

    アニースローン | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする